読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家KUROの株式・不動産・FX・オフシュア投資による資産形成術

株式・不動産・FX・オフシュア投資を活用した資産形成術について書いていきます!

なぜ貧富の差は生まれるのか!?それは資本による収入!!~ピケティの「21世紀の資本」から学ぶ資産形成術~

ピケティの「21世紀の資本」という本をご存じでしょうか。
世界10数カ国で累計100万部を突破したフランスの経済学者であるトマ・ピケティが著者の本です。

この本では「経済格差」について触れています。
その中で興味深いことが書かれていました。

資本収益率(r)>経済成長率(g)

歴史的に資本収益率は経済成長率を常に上回っているということです。
※ここで、資本収益率(r)とは「1年間に投下された資本(資産)で得られた収益(資本所得)がその資本の何%に当たるのかを指すもの」です。例えば、10,000円を銀行に預けて、1年後に100円の利子が付くと100円÷10,000円=1%が資本収益率となります。(考え方は投資の際の利率と同じです。)
下図に示すように常に資本収益率は常に経済成長率を上回っており、労働生産性が上がるよりも速く、資本は増殖するのです。
f:id:mkt_421:20161102002724j:plain
つまり、労働収入より資本(資産)収入の方が大きいことを示します。
そのため、元から資本を持っている人は収入がどんどん増え、それに伴い資本も増えていきます。
さらに言えば、トップ富裕層は労働収入も一般の平均と比べると高いため、労働収入、資本収入の両方で富を増殖するのです。
このようにして経済格差がさらに広がっていくということが「21世紀の資本」で触れられています。


「21世紀の資本」から考える資産形成

それでは一般人であるKUROはどのようにすれば、トップ富裕層とはいかなくとも富裕層に入り込んでいくかを考えました。
そうです!みなさんもおわかりだと思いますが、『資本で得られる収益を増やす』ということです。
では実際にどうするのかといいますと、以前記事に書きましたが『労働により得た収入を投資に投げ、その投資により得た利益をさらに投資に投げることを繰り返す』、これを実践することでKUROは富裕層に入り込んでいきたいと思います。
mkt-421.hatenablog.com

そのため、KUROは労働により得た収入を銀行に眠らせるのではなく、オフシェア投資・株式投資・不動産投資・FXなどを行い、資本による収益を得ることを行っています。
繰り返しになりますが、『資本による収益を再投資する』、つまり複利の効果を生かし、資本を増やすことが大切です。

実際に『複利の効果』がどれくらいなのかを例をもとに説明します。
例えば、労働収入による余剰金(年間)が100万円、貯金が500万円あるとします。
このときに①貯金と余剰金をすべて投資に投げて、複利で回した場合(年間利率10%と仮定)、②貯金と余剰金をすべて銀行に預けた場合を比較します。

f:id:mkt_421:20161102011801j:plain
f:id:mkt_421:20161102011808j:plain
※②の銀行に預けた場合の資本による収益は額が小さいため、単位は円で記載しています。

上図に示すように10年後の資本を比較すると①の投資に投げた場合が約2,500万円、②の銀行に貯金した場合が約1,400万円約1,100万円の差が着くことになります。


複利の効果』を実感して頂けたでしょうか。
ただ銀行に貯金するだけではなく、確実な投資を行い、資産を形成していきましょう!!